思春期男子の性感染症について

思春期男子の性感染症について説明していきます。
思春期になると男性も性行為に興味を持ち始める時期になってきます。

そこで、恋人ができると性行為をしていく人も多くなっていきます。
特に高校生から大学生はかなり興味がわく時期でもあります。

しかし、このように若い時期ですと性病に対する危機意識もあまりない場合が多いです。
また、性病についてもあまり理解していない人も多く、正しい予防方法についても知らない人も多いです。

そうなってきますと、性病の予防意識があまりない状態で、性行為をしてしまう可能性がありますので、性病に感染してしまうリスクが高まってきます。

つまり、あまり知識がない事が多いですので、思春期男子の性感染症は注意しなければいけないです。

性行為に興味を持つだけでなくて、性病についても興味をもって性病について詳しく勉強してから性行為を行うようにしていきます。

それが、パートナーのためでもあります。

得に不特定多数と性病意識がない状態で性行為を行ったら感染のリスクが高まってきます。

以上の点を思春期男子は注意しておく必要があります。
性行為に興味を持つ事は、人間にとっては大事な事になります。
しかし、性病を予防しながら行う事も大事です。

大阪府で急増する性感染症

大阪府で急増する性感染症の要因としては2つの理由を挙げる事が出来ますが、一方については決して悪い理由ではありません。

そもそも大阪府は一部地域において、嘗て遊郭に該当する施設が発展していた地域です。
そうした事から性感染症に関する啓発等は早くから進んでおり、検査施設が整っていて数も多い事から検査を受け易い状況にあります。

こうした状況がある事で結果的に性感染症と特定される患者数が多くなっている訳であり、急増の一因とも見られています。
但し潜在的な患者を特定に至らせる事で治療に及ぶ事が期待出来る訳ですから、これは悪い事では無いのです。

寧ろもう1つの理由の方が大きな問題を孕んでいると言えます。
それは大阪府においては、一部の性病における薬剤耐性菌の比率が高い事です。

前述のように早くから啓発が進んだ大阪府では治療行為も他地域より先駆けて行われています。
基本的に抗生物質の投与がその治療の中心となりますが、累積の治療件数が多くなっている事で比例するように薬剤耐性菌の比率も高まっているのです。

その為、近年では治療に使用する薬剤の種類が限られつつあると同時に、治療期間も長期化する傾向があります。
これによって大阪府では累積の患者数が多く成り易い状況が整ってしまっており、性感染症の急増と捉えられる一因となっているのです。