日本国内のエイズ感染者

日本国内のエイズ感染者は増えているのが現状であり、それが今問題になっています。エイズが世界中で感染されているのが分かってからは、先進国を中心にエイズ予防のための対策が行われてきて、先進国を中心にエイズ感染者は減少傾向にあります。
しかし、日本で逆に増えているのが現状でまだまだ日本では危機意識が足りなかったり、上手に対策ができていない証拠でもあります。
エイズは今の所、完治する病気ではないです。また、治療に使われる薬も高いですのでそこも問題になっています。
日本国内のエイズ感染者を減らすためには、個人個人が危機意識を高める必要があり、さらに社会的に感染者を減らす対策をもう少し強化していく事も大事になってきます。
得に個人の危機意識が乏しい状態ですので、どれだけエイズが怖いのかを一人一人が認識して、予防先もきちんと勉強していく事が必要です。
日本国内のエイズ感染者が増えている状況をみんながきちんと把握して、一人一人がエイズにならないために意識していく事がもっとも重要になってきます。
そうする事で、日本国内のエイズ感染者は減少する可能性が高くなります。
得に性行為をする時には、十分に注意して行うようにします。